2012.11.11

ハルピン市方正県の農村風景

私は、妻に今回の中国訪問では農村に行って見たいと
リクエストしていました。

方正県は、田舎町といっても
人口約20万人もあります。

街には高層のビルもあり、地下街もあり、
たくさんの人たちが行き交っています。

妻は、街で暮らしています。

私は、にぎやかな街だけではなく
農村部の暮らしや風景も見たかったのです。


今回案内された農村の家の前には畑が、
後ろは見渡す限りの水田でした。
稲がたわわに実っていました。

ここでは、言葉よりも写真を見ていただきましょう。conv0340.jpg

農村に向かう途中の道です。
車の中から撮りました。

conv0323.jpg






家のように見えるものは、藁を積み上げたものです。
真ん中の木の左下にある箱のようなのは、トイレです。


conv0337.jpg




農家のたたずまいです。










今日は、ここまでとします。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ
















タグ:農家
2012.11.08

娘との再会

9月14日(金)
夕方、妻の住居に到着。

ようやく娘と1年半ぶりに会いました。
元気にしていました。

日本にいたときは、ほとんど引き込もり状態で
一日中パソコンでインターネットばかりしていたものでした。
時々ドライブに誘い出して、外の空気に触れる機会を作っていたものです。

その娘が、中国ではまるで水を得た魚のように
ほとんど毎日外へ出ていました。

そんな娘の様子に安堵しました。

さて、着いたその夜に妻の両親、姉夫婦、すぐ下の弟夫婦、一番下の弟等で
私の歓迎の食事会をしていただきました。

洗面所付の部屋で、大きな円卓のテーブルに
皿にもられた料理が次々と出てきました。

できるだけ食べるようにはしたのですが、
本場の中華料理はいぜんとしてなかなかなじめませんでした。
(みなさん、ゴメンナサイ)

見た目から想像する味や食感とかが、
実際に口にした時のそれと全然違うものが多かったのです。

ところで、3年前に訪問したときも同じように食事会をしていただきました。
家族の一員として歓迎していただけることが
とても嬉しいです。


食事会が終わると前の晩からほとんど眠っていなかったので、
部屋に帰ると疲れがどっときて、ベッドに入り込んでしましました。

妻のぬくもりに
一緒にいられる幸せを感じながら
眠りにつきました。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。