2008.08.31

束の間の休息



今日日曜日は、妻も仕事が休みでした。


きのは、休みが一緒だからドライブに行こうと
妻に言われたのですが、私は、悪いけどできない。
私にとってせっかくの休みなので、パソコンを置いてある
部屋のレイアウトを変えて、気分を一新したいんだと話しました。


そういわれた妻は、不機嫌になりました。


このごろドライブすることがあったし、出かけるとガソリン代の
負担やなにかと出費がかさむのです。



妻には申し訳ないけれども、我慢してもらうことにしました。



私は、朝起きてからトイレ掃除、お風呂場の掃除を
入念に行っていたら、妻の携帯電話に義兄の妹から電話がありました。

「きょう、これからそっちに遊びに行きたい。」というものでした。


電話のあと、妻は茶の間や台所の掃除をしてから、
ご馳走を作る材料の買出しに出かけました。

戻ってからご馳走つくりをしていたら、妹夫婦がやってきました。



妻と妹は、台所でご馳走つくりをしている間、
私とだんなさんは、茶の間でいろいろお話をしました。


だんなさんは、自動車の運転免許が必要だと思うが、
日本にきて3ヶ月しか経っていなくて、まだ言葉を話せない。
言葉ができないと、学校の先生の話すことが理解できないだろう。
だから、まだ無理だ。


それから、よく電話をかける。
1時間くらいかけることがよくある。お宅もそうか?

中国に残してきた娘を、こっちに呼びたいと言っている。
そのための在留資格の手続きをしたいと思っていることや、
奥さんが、日本語の勉強をすると、頭が痛くなると言っている。
など、奥さんのことについてお話されました。



ご馳走ができ、みんなでお昼としました。




妻にとっては、久々の同郷の人とお話ができて
楽しかったようです。



今日も、一日雨が降っていました

今もかなり降っています。

<br>

2008.08.30

seesaaブログが使えない、その2



「seesaaブログが使えない」の続きです。

上記の記事について、もう少し詳しくお話します。



「50男のつぶやき日記」は、seesaaブログを利用しているんです。


で、最近パソコンの調子が悪く、
このままではハードデスクがだめになるのは時間の問題
という状況になってきました。

そこで、パソコンのことでお世話になっている業者さんの
ところに相談に行きました。


相談というよりは、まずはこちらの希望を話しました。


今の内臓ハードデスクに入っているソフトやデータを
すべて新しい内蔵型のハードデスクに移したい。
つまり、ハードデスクを丸ごと取り替えたいということだったのです。


OSは、Windows98なのです。


店長は、いま98にお金をかけるより、
5、6万円でXpのパソコンが買えますよとのことでした。

そうすれば良いことはわかっていても、
今の私には最小限の出費に抑えなくてはなりませんでした。

そこで、私の希望どおりにさせていただき、
作業は店長さんにお願いをすることにしました。



私は、この際ハードデスクをすっきりした状態にしてから
店長さんにお願いしようと思って、システムファイルが入っている
Cドライブを再インストールすることにしたのです。


再インストールは、これまでも何回も行っていたので、
作業にはまったく不安がありませんでした。


インストールが終わってインターネットを起動しました。
yahooの検索画面が出て問題なくできたと思いました。



ところが、seesaaブログを開いたら、
ブログの最初のページが左によって表示され、
すぐにエラー表示のダイアログボックスが出てきて
インターネットの接続が切られてしまうのです。


他のページをはスムーズに開くのに、どうしたことでしょう。

これまで再インストールして、こんな状態になったことは
一度もありませんでした。


再インストールの仕方がまずかったのかもしれないと思い
再び、再インストールをし、seesaaブログを開こうとしましたが、
やはり正常に開くことはできませんでした。



私は、青くなりました。
これでは、ブログが書けない。


どうしてseesaaブログだけが、こんな状況になるのか
私にはまったくわかりませんでした。

途方にくれてしまったのです。


こうして頭を抱えているときに、ふっとある思いが浮かびました。


Windows98のUPデートをしてみたらどうだろうか。

そこで、早速UPデートのページに行って、UP作業をしました。



その結果、これまで通りのseesaaブログができるようになったのです。


私には説明できませんが、再インストールした時点でWindows98に
不具合が起きていたということなんだろうと思います。



なんにしてもこれで、本当にホッとしました。



あとは、店長に作業をお任せするだけです。














ないのです。


2008.08.29

Seesaaブログが使えない!!



パソコンの調子が大変悪くなって、この二日ほど悪戦苦闘したところです。


電源を入れると、ハードデスクが故障する恐れがあるので
データーのバックアップをとるようにというメッセージ画面が
出るようになったのです。


さらに、インターネットをしているときに
キーをまったく受け付けなくなって、フリーズすることが頻繁に
なってきたのです。


そこで、Dドライブに必要なデータをコピーして、
Cドライブの再インストールをしたのです。


さて、インストールをしインターネットの接続作業も終了し、
インターネットを起動したのです。


インターネットがつながってホッとしました。



ところが、ところが、日記を更新しようと
seesaaブログにアクセスしたところ、
いつもとは違って中央に表示されているページが、
左よりに表示されるのです。

それだけではなく、エラー表示になって
インターネットの接続が切れてしまうのです。


seesaaブログの画面だけが、そのような状態になってしまうのです。
なので、更新作業ができませんでした。


再インストールの仕方に問題があったのだろうかと、
また、再インストールの作業をしたのです。



そして、seesaaブログに接続すると、
同じような状況になってしまいました。


ちなみに、今使っているOSは、ウィンドーズ98なのです。



私は、頭を抱えてしまいました。


パソコンの専門的なことはわからない私には、
なぜこうなってしまうのかわかりませんでした。



ただ、はたと気づいたことがあったのです。
それは、ウィンドーズのUPデートをしてみてはどうだろうかと。

そして、すぐにUPデートをしてみたのです。



UPデートが終わってから、おそるおそるseesaaブログに
アクセスしてみました。



正常な画面となりました。
エラーも発生しませんでした。

心からホッとしました。


これで再インストールが終了しました。


いま、業者さんに、パソコン内蔵のハードデスクを
新たらしものと交換することにお願いしました。
そして、今あるすべてのデータを新しいハードデスクに
コピーするのです。



パソコンが使えなくなると、非常に困るのです。


使えなくなるという最悪の状況を今のうちから
回避しておきたいのです。












2008.08.27

言葉の壁



いま妻にとって、言葉の壁が大きく立ちはだかっています。
いま働いている食堂を辞めたいと思うのも、言葉の壁が原因なのです。


厨房のなかで、尊敬語を使うように再三いわれるそうなのです。

お客様に対して使うようにいわれるなら、納得いくところもありますが、
なぜ厨房のなかで、なのでしょうか。


日本人でさえ敬語をちゃんと話せる人は、そんなに多くはいません。
なのに外国人にそれを求めるのは、どうなんでしょうか。

尊敬語を話すように、きつくいわれる事から、
日本語を話すことに自信をなくしています。



そして、このことがかなりのストレスとなって、
体に変調をきたし始めているのです。



隣町の日本語教室に週1回、2時間ほどの学習に通っています。

しかし、教える先生はボランティア。

先生は、一生懸命なのですが・・・


しっかりとした日本語の勉強をしたいといっています。

この本がいいと聞けばその本を買い、
あれがいいよと聞けば、そっちの本を買う。

結局、ただ本ばかりになって、どれを勉強したらよいのか
迷ってしまっている状況です。


早く日本語を覚えたいという焦り。



私との会話はまずまずですが、それでも不十分です。



いま言葉の壁に阻まれて、心身ともに疲れている様子です。

















2008.08.26

尿検査の結果に安堵



今日は、娘の腎臓に関わる定期検診がありました。


4月頃、中学校での尿検査で要再検となって、
地元の県立病院に行って、検査をしました。

検査といっても、尿検査とエコーによるものでした。

尿が血尿であることと、蛋白も出ている。
血尿はよくあることなので、それほど気にしなくてもいい。

しかし、蛋白が出るというのは問題なのだ。
ひどい疲れから、蛋白が出るということはまれにある。
だが、普通の時に蛋白が出るのは、
腎臓の働きが落ちてそうなるときがある。

いまの時点では、それほど気にすることではないと思うが、
今後経過をみていきたい。

しばらくは、1ヶ月に一度尿検査をして蛋白がどれだけ
まじっているかを調べていくことにする。

その結果、悪い数値が出れば
腎臓の細胞を摘出して調べなければならない。


しかし、この検査は大変危険を伴うものである。
腎臓は、たくさんの血管が通っているので、
血管を傷つけることになると、出血を止めることが難しくなって、
最悪腎臓を摘出しなければならなくなる。
そうしたリスクを伴う検査である。

なので、できるだけ細胞検はしなくてよいことを
期待する。


ということで、つき1回の定期検査となったのです。


そして今日は、8月の検査でした。


検査の結果を診た医師から、今後は2ヶ月に一度でいいでしょう
といわれたそうです。


妻からのそうした報告に、
安堵しました。



健康であることのありがたさを、しみじみ感じます。










×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。