2010.01.28

石、尿管結石



1月28日(木)

26日に病院に行ってきました。

朝仕事に出たのですが、10時半頃腹痛がひどくなってきたので
時間をいただいて病院に行ったのです。


先生は、わたしの症状を聞いてから
わたしの腰の左側、右側とそれぞれ軽くたたきました。

すると、右側をたたかれたときに
響くような痛みが走りました。


それで、「おそらく石だと思います。
でも、造影剤を使って写真を撮ってみましょう」ということで
それから写真を撮りました。

ところが、写真に石が写っていないというのです。


石が小さすぎるのか、あるいは他に原因があるのかも含めて
調べるということで、お腹のエコーをかけました。


それに対する所見はなされずに、
「石だと思うのでとりあえず2週間分薬を出します。
痛み止めの座薬も出しておきますが、
痛みがひどいときはきてください」とのことでした。


そして次の日、多少腹部の痛みはあったものの
さして気になるほどではありませんでした。

尿の色も元に戻ってきていました。

仕事も一日こなしてきました。


で、今日は痛みがありません。


薬は、呑んでいます。


よく石がころっと出てくると聞くのですが、
それはまだありません。


でも、大丈夫だと思います。



26日病院に行くとき、
妻は仕事のない日だったので、病院について来てくれました。


妻がいてくれると、それだけで心強くなるものですね。





読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ


タグ:
2010.01.25

真っ赤な尿



1月25日(月)


今日、月1回の定期健診で病院に行ってきました。


そこで、最初に尿検査をしました。
そのときに、
初めて気がつきました。

尿が真っ赤だったのです。


2,3日前から、右下腹に違和感を感じていました。

痛いような、ちょっと苦しいような。

でも、さして苦になるほどではなかったので
あまり気にもとめていませんでした。


以前、尿管結石を患ったことがありました。

そのときも、こんな赤い尿だったなと思い出しました。


先生も尿管結石ではないかと
いっていました。


こうして記事を書いている間に、
お腹に痛みが出てきました。




読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ



タグ:尿
2010.01.23

30人31脚を見て思う



1月23日(土)

今日は、30人31脚全国大会のもようを見たときに感じたことを
書きます。


まずは、30人31脚って何のことかを知らない方も
いると思いますので、まずは下のアドレスのページを
開いて見るとよいと思います。

http://www.tv-asahi.co.jp/3031/contents/rule.html


各地の大会を勝ち抜いて全国大会まで
上ってきた小学生たち。

彼らが優勝を目指して懸命に練習をし
いざ本番で戦い敗れたときに流す涙。

わたしは、このときの泣いている子供たちを見て思うのです。

彼らの涙は、一生懸命頑張ってきたからに違いない。

そういう子供たちの姿を見て、
わたしはとても感動しました。




これまでのわたしは、
泣けるほど何かを一生懸命やったと
いえるものがないのです。


小学生でも、こんなに一生懸命になっているのに
大の大人である自分は恥ずかしくなります。



わたしも、何かに一生懸命になりたい。


今年は、その何かをつかみ取るぞと
決意しました。




読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ



2010.01.20

わたしが妻にしてやれること



1月20日(水)

いまのわたしが、妻にしてやれること。


それは、


車に乗って仕事に出かける妻を

外へ出て「行ってらっしゃい。気をつけてね」

といって送り出すこと。



夜、妻のベッドの電気敷布のスイッチを入れ、

さらに湯たんぽがわりのペットボトルにお湯を入れて

ベッドを暖めておく事。



帰ってきた車の音が聞こえてきたら

玄関先に出て

「お帰り。お疲れさん」

といって迎えること。




こんなところが、日常の中で出来ることです。



そうそう、食べた後の食事の後片付けも

率先して行っています。




わたしは、明日は仕事の関係でお世話になっている
方の送別会があります。


きっといい送別会になるだろうな。


○○会社のAさん、本当にお世話になりました。

お体を大切に。





読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ




タグ:玄関先
2010.01.18

湯たんぽがわりのペットボトル



1月18日(月)

我が家では、ペットボトルを湯たんぽがわりに使っています。

妻は寒がりなのです。
妻のベッドには電気敷布を敷いているのですが、
それだけでは寒いというのです。

そこで、2リットルサイズのペットボトルに
お湯を入れて湯たんぽがわりにしているというわけです。

ペットボトルを湯たんぽがわりに使うときに難しいのは、
お湯加減なのです。


お湯を沸かしすぎると、
ペットボトルにお湯を注いだときに、
ペットボトルが溶けて変形してしまい使えなくなってしまうのです。

ぬるいお湯では、湯たんぽとしての役割を果たせません。

なので、わたしはお湯を沸かすときに
その辺の加減をします。

お湯を入れたペットボトルだけでは熱すぎるので
タオルで巻いてベッドに忍ばせるのです。


この湯たんぽがわりのペットボトルは
一晩持ちます。


妻のベッドを暖めるのは、
わたしの役割です。



読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。