2011.01.31

再入国許可の期限を忘れていました



大変なことに気づきました。

妻や娘の再入国許可の期限のことを
まったく忘れていたのです。


再入国許可申請の際、数次で申請をし許可を得ていました。


その期限が、妻の方が2011.Mar.18だったのです。
つまり、今年の3月18日まででした。

今日が1月31日ですから、
まだ1カ月ちょっとあります。


きのう床についたときに、ふと思い出したのです。

「妻と娘の再入国許可の期限は、いつまでだったろうか?」と。


それで、今晩妻に確認をしました。

妻自身もまったく頭においていませんでした。
パスポートを見て、本人もビックリしていました。


娘の方は、2012.Januだったので、まだ余裕があります。


この再入国期間内に戻らなかったらどうなるのかを
ネットで調べてみました。


期限を一日でも過ぎると、日本への入国は認められない。
そればかりではなく、永住権も失ってしまう
ということが書いてありました。


これは大変なことです。


妻は、いま事情があって中国に留まっています。


中国にいて、延長の手続きが出来ないものなのか、
それともいったん日本に戻って、
本人が再度入国許可申請をしなくてはならいのかを
明日入管局に問い合わせようと思います。


なんにしても、この時期に思い出して
本当に良かったです。

思い出すのが3月10日頃では、
間に合わなかったかもしれません。


また、このまま気づかずにいたら、
もう、何年も日本に戻ることが出来なくなって、
家族別々の生活を続けなければならなくなるところでした。


普段の家庭生活では、国際結婚ということを
ほとんど意識することがありません。


しかし、こういったときには、
否が応でも外国人なんだと思わざるをえません。




最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ







2011.01.30

チャルメラのあんかけそばに挑戦



きのう、インスタントラーメンのチャルメラで、
あんかけそばに初挑戦をしました。


私は、あんかけが好きなんです。
いつかあんかけそば(ラーメン)を作ってみたいと思っていました。


きのうネットで調べた見たのですが、
そろえる材料がいろいろ書いてあったので参考にするのをやめました。


で、冷蔵庫に入っていたモヤシと豚肉を使って、
まったくの自己流で挑戦しました。


チャルメラの作り方については、以前にご紹介したように
ヤカンと鍋でそれぞれお湯を沸かします。

スープの素は、どんぶりに入れておきます。

鍋のお湯が煮立ったところで、チャルメララーメンを入れて麺をほぐします。
麺が程よくほぐれたところで、ざるに入れて水切りをします。
これは、油分を流してしまうことと、麺を引き締める効果があります。

このままでは、麺が冷えているので
今度はお湯を流します。

あとは、どんぶりにお湯を入れてスープをかき混ぜ、
そこに先ほどの麺を入れて完成となります。

素うどんならぬ素そばとでもいいましょうか、
麺以外は何も入らないチャルメラの出来上がりです。

これまでは、ここで終わっていました。

でも、きのうは、これにあんかけをのせたのです。

あんかけは、次のようにして作りました。

まず、コップに少量の水と少量の片栗粉を入れて溶いておきました。
(少量というのは、まったくの目分量なので
レシピのように紹介できるものではありません。)

それから、細切れにした豚肉とモヤシに塩を少しと胡椒をふりかけて
フライパンで炒めました。

conv0002.jpg程よいところで、中火にしてから水で溶いておいた片栗をかけて
練っていきました。
このとき、甘口の醤油を少々かけました。
とろみが程よくなったところで、
麺が入っているどんぶりにあんかけをのせました。


そこに、スーパーで買った焼き豚をのせて出来上がり。


さて、お味のほどは、

グー! 初めてにしては、よく出来たと自己満足しました。

写真は、焼き豚ばかりで残念ながらおいしそうには見えませんが、
本当においしかったんですよ。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様はラーメンはお好きですか。
人気ブログランキングへ



タグ:チャルメラ
2011.01.29

節分は2月3日、でも中国はお正月



職場の近所に中国人研修を受け入れているところがあります。


研修生たちのなかには、仕事が終わると私たちの職場が入っている
建物の玄関フロアーに置いてあるパソコンを利用しようとやってきます。


このパソコンは、インターネットができるんです。
私たちの街が、市民のだれもが利用できるパソコンを
公共の施設などに設置しているんです。


この建物の管理人さんは、研修生たちにとても親切です。


だから、研修生たちもこの管理人さんを頼りにしています。



ところで、もうすぐ2月になります。

日本では、3日は節分ですね。
でも、中国ではお正月だそうです。

そこで、管理人さんは、
研修生のためにこのような正月飾りをしました。
conv0001.jpg
これで、少しでもお国のお正月気分を
味わってもらえればとの思いで、
飾り付けをされたそうです。

研修生は、最初の1年間は研修生として、あとの2年間は実習生として
合わせて3年間を日本のこの地で過ごすことになります。


きっと辛いときもあると思います。
でも、よほどのことがない限り3年間は帰る事ができません。
頑張るしかないのです。


管理人さんはこうした研修生に、
「せっかく日本に来たのだから、
少しでも楽しい思い出を持たせてあげたい」
という気持ちで彼女たちに接しています。


私も同じように思います。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ




2011.01.28

生き地獄



今夜は、強い風が吹き荒れています。


九州鹿児島、宮崎では霧島連山・新燃岳の噴火に人々が、
昼夜を問わず脅えながら生活をしているニュースに、胸が痛みます。


宮崎は、牛の口蹄疫被害、養鶏の鳥インフルエンザ被害、
そして、さらに追い討ちをかけるように、
新燃岳の噴火、それによる野菜などの作物への被害と
大変な苦難に見舞われています

また、火山灰による健康面への影響が
出なければと懸念もされています。


まるで、生き地獄のようです。


一方日本海側に目を向けると、記録的な雪が
人々を苦しめています。


屋根の雪おろし中に転落して亡くなるという
事故も多発しています。


特にも高齢者に多いと。


2011年は、大きな自然災害でスタートしてしまいました。



災難に見まわれた方々に、
いま、私に出来ることはなんだろう?



宮崎の方々や雪で脅かされている方々に安心して暮らせるときが、
一日も早く来ることを願うばかりです。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ





2011.01.27

認知症かも知れないという恐怖



私は、最近物忘れがひどくなってきたように思います。


今朝もそうでしてた。


私は、夜寝るときに厚い靴下を履いて寝るのです。
そうしないと、夜中に足が冷たくて目が覚めてしまうからです。



私の朝起きてから出かけるまでの行動は、
まず茶の間の反射式の石油ストーブに火を入れ、
ホットカーペットのスイッチを入れる。

それから、ご飯の用意をし、
朝食をとり、
髭をそり、歯磨きや顔を洗い。
それからトイレに入る。

トイレから出たら、
茶の間でスーツに着替えをし、靴下を履きかえる。

脱いだパジャマや靴下を寝室にもって行き、
玄関で靴を履き、車へ。


これが、私の朝の一連の行動です。


あまり感心できたものではありませんね。


で、今朝のことです。


スーツに着替えを済ませたところで、
次の行動を思い出せなかったのです。

脱いだパジャマを手にしながら、
自分が、いま何をしようとしたのかが思い出せなかったのです。

寝室に行こうとしていることはわかるのです。

でも、寝室に行きながら
もう一つ何かをしようと思って、立ち上がったはずだったのです。


「あれ、なんだったろう。何をしようと思ったんだろう・・・」

しばし、考えました。

そして、思い出しました。


「靴下だ。仕事用の靴下に履き替えよとしていたんだ」。


こんな具合なのです。



つい今しがたのことが思い出せないことがあるのです。



それだけではありません。


昔の職場の後輩から、久しぶりに電話をもらいました。
電話を終えたあと、後輩の苗字は出てきたのですが、
名前となったときに、彼の名前を思い出せなかったのです。


また、従兄弟の奥さんの名前も思い出せないことがありました。


こうしたことが、最近あるのです。


私は、怖くなります。
認知症が始まっているのではないかと。


単なる怖さではなく、
恐怖といった方が正確かもしれません。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。