2011.06.23

脳神経外科、耳鼻科を受診



6月23日(木)

今日、脳神経外科と耳鼻科に行ってきました。


昨晩散歩しているときに、左手がしびれてきたのです。
この頃血圧が高いので心配になったのです。


頭のレントゲンとCTを撮り診察していただきました。

頭の方は異常ないとのことでした。
「太りすぎ。10キロ減ったら血圧も下がるよ。体重を減らすこと。
体を動かすこと。急激な運動はかえって負担になるのでプールがいい。
腕や肩、首筋を自分でもむこと。」といったアドバイスをいただきました。

それから中性脂肪が危険水域。
食事に気おつけること体を動かすことともいわれました。


まずは、一安心しました。


耳鼻科に行ったのは、右の鼻づまりと耳鳴りがしていることからです。

右の鼻づまりを治すには、手術するしかないといわれました。
私の鼻のつくりが右の方が狭くなっている。そのため鼻づまりしやすいのだそうです。
「手術」と聞いて私は驚きました。

手術については、今の時点ではしないことにしました。

それから耳鳴りは、耳が遠くなってくると出てくることがあるというのものでした。
私は、右の方が大分遠くなっているのです。
検査した結果、耳鳴りが右の方からしていることがわかりました。

自分では、耳鳴りが左右どちらかのしているかわからなかったのです。

まずは、耳鳴りを抑える薬を処方していただきました。




最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ


2011.06.21

津波直後



6月21日(火)

津波直後停電、水道は止まる、固定電話も携帯電話もつながらない状態。
私たちにとっての、どこでどれだけの被災状況なのかの情報源はラジオだけでした。

家では普段使っていない電池式のラジオを妻が見つけてきて、
それから情報を得ていました。


津波があったとき、妻が無事かどうかを知りたくて携帯電話をかけようとしても
まったくつながりませんでした。

携帯電話としての役割をもっとも果たして欲しいときに、
使えないことにとてもいらだちました。

連絡さえつければ無事であることがわかるのに、
連絡がつかないために不安や心配がとても大きくなりました。


電気がないため、夜は暗闇です。
誕生ケーキについてくるわずかなローソクで
細々としたあかりのなかで食事を取ったものです。


私のところでは、災害時の備えをまったくしていませんでした。

電灯はあっても電池がなくて使えなかったり、
ローソクもありませんでした。


夜は、早めに寝るようにしていました。
余震が頻繁に遭ったため、いつでも起きだせるように服は着たままで寝ていました。


私はベッドに寝ていたのですが、
妻は怖がって茶の間に床を敷いて別々に寝ていました。

しかし、そのうち私も茶の間に一緒に寝るようにしました。
(一緒に寝るようにして3日目の夜、妻は中国へと旅たってしまいました)


水は、車で数分のところにある沢水を汲んできて使っていました。
食べた後の食器を洗うときに、
限られた水を無駄にしないようにと神経を使いました。

洗濯は、沢水の近くの小川でしていました。


いま思うと、よく過ごしたなと思います。
それもこれも妻と一緒だったから過ごせたんだと思います。


妻が帰って一人になってからは、
とても心細く、淋しかったです。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ









タグ:津波
2011.06.20

父の日の贈り物



6月20日(月)

きのは、『父の日』でしてね。


娘は、昼過ぎから頭が痛いと横になっていました。
風邪でもひいたのでしょうか。

夕方、私が「夕飯を作ろうか」といったら、
娘が「私、作る」といって作ってくれたのです。

それも少し手の込んだものを作ってくれました。

私は、それを美味しくいただきました。



妻に伝言しなければならないことがあって、
夜10時頃にパソコンで話をしました。

そのときに妻と娘が話していたのですが、
私には何を話しているのかさっぱりわかりませんでした。

二人の話が一息ついたときに、
妻に「二人何話す?」と聞きました。

妻がいうには、
娘が「今日は父の日。でもお金ないから何もプレゼントできない。
だから、冷蔵庫あるもので食事を作った」と。


私は、娘の心にとても嬉しくなりました。



そして今日、今度は息子から
「父の日」に一日遅れになったけれどもといって
「体脂肪計付き血圧計」が贈られててきました。


私は、本当に幸せ者です。


また息子は、妹(娘)にとボイスレコーダーを贈ってくれました。


血のつながりのない兄妹ですが、
お互いを大事に思い合ってくれる事がとても嬉しいです。




最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様も幸せでありますように。
人気ブログランキングへ









タグ:父の日
2011.06.19

娘の帰国に幸せを感じる



6月19日(日)

しばらく更新が途絶えてしまいました。

体調がいまいちすぐれず、
なかなか更新意欲がわきませんでした。


しかしながら、大きな動きがありましたので
そのことを書いておこうと思います。


それは、娘が帰ってきたことです。


私が鼻血を出したと聞いた妻は、ひどく動揺しました。
しかし、いま中国を離れられない事情を抱えていることが、
余計に妻の心を痛めつけたようです。

そこで、娘が「私がお母さんの代わりにお父さん世話する」
といってくれたのです。


それで娘が帰ってきてくれることになったのです。


17日金曜日、新潟空港に着く娘を迎えに行ってきました。


私は、体の状況から空港まで車で行く自信がありませんでした。
そのため、3月に妻を迎えたと同じように高速バスを乗り継いで
迎えに行ってきました。


娘と会うのは、およそ10ヶ月ぶりです。
いっそう女の子らしくなり、
きれいになっていました。


仙台に夕方の7時に着きました。
仙台では、事前に息子と会うことに約束をしていたので
三人で焼肉を食べました。

息子には兄弟がありません。
私が再婚したことで、妹ができました。

息子が初めて妹に会ったのは、
馬から8年前で、娘が12歳の頃でした。

息子は、今回妹に会えることをとても楽しみにしていました。

娘も「兄ちゃんに会える」と楽しみにしていました。


私たちは楽しい時間を過ごしました。


そして、私と娘は3月に妻と泊まった同じホテルに泊まりました。

翌朝9時に、一関行きの高速バスに乗って
10時30分近くに一ノ関駅に着きました。

後は自分の車に乗り換えて
12時30分近くに帰宅しました。



夕食の支度は、娘が「私がする」といって
作ってくれました。



幸せを感じた瞬間でした。


今日は、この辺で



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様も幸せでありますように。
人気ブログランキングへ




タグ:仙台
2011.06.13

鼻血の原因は高血圧



6月13日(月)

まず、私の鼻血の原因は高血圧によるもののようです。

私の父も高血圧でした。
そして、母も高血圧です。

そうした両親を持ちながら、これまで血圧をあまり気にすることがなかったのです。
ただ、最近かかりつけの医者さんからは、「少し高いね」とはいわれていました。

今日は、血圧を下げる薬をいただいてきました。
「弱いものを出しますから」ということで、一日1回朝食後に服用するものです。
私にとって、血圧の薬を服用するのは初めてのことです。

朝、昼、晩と血圧を測って記録をとるようにとの指示をいただきました。

最近、運動らしいことをしておらず、
ご飯も美味しいものですから、2杯も食べるという状態でした。

今回のことがあって本当に体重を減らそうと思っています。


鼻血が止らなかったときに、儀姉と甥にとてもお世話になりました。
本当に感謝です。


一方で、妻がそばにいないのは本当に残念です。


妻は、「中国にくるいいよ」
娘も、「中国帰る」といって、
私を中国に誘います。


でも、それが出来たらどんなにいいかと思いますが、
現実には簡単なことではありません。



家族が揃う日が
早く来ることを願っています。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が健康でありますように。
人気ブログランキングへ







タグ:鼻血 高血圧
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。