2009.08.04

妻が、運転免許を取ったとき



妻が自動車免許を取ったときのことを
少しお話しましょう。


日本に来て1年ほどした頃に
自動車学校に入校しました。




学科は、日本語の教本と中国語で書かれた教本の両方を
見ながら学んだようです。


学科試験の練習問題がCD版のものあって、
学校のパソコンでそれを練習したようです。


家に帰ってからは、
ペーパー式の練習問題(100問)を、わたしに意味を聞きながら
繰り返し繰り返しやっていましたね。



妻の申すには、CDの練習問題が
取り組みやかったといっていました。


いずれにしても、
合格するんだという、強い意気込みでしたね。



わたしは、ほとんど手を貸すことがありませんでした。



なので、妻自身の頑張りで
自動車運転免許を手に入れたようなものでした。






妻は、わたしがいうのも何なのですが、
本当に「頑張りや」です。






読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ





タグ:練習集問題

この記事へのコメント
中国人の友人が多数いますが、勉強にしても仕事にしても、
本気になった時の集中力には、目を見張るものがあります。

今の日本人には、あの頑張り力はありませんね。
見習わなくてはと思いますよ

ホント
Posted by いやはや at 2009.08.06 19:54
いやはやさん、本当にそうです。

わたしは、妻の頑張りにスゴイと思いました。
学校での学科試験も一発、免許センターでの学科試験も一発で
見事合格しました。

妻と一緒に受験した日本人の中には、3人ほど不合格の人もいました。


妻には、感服させられることが多いです。

妻だけではなく、隣町の中国人対象の日本語教室に通っていた中国人の方たちも、ほとんどの方が日本語の免許試験を一発で通っているのです。
Posted by つぶやき at 2009.08.06 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。