2010.11.05

初めて見る中国の結婚披露宴



方正県の街の中は、ホンダをはじめとする高級車が走っているかと思えば
ちょうどパソコンで使うマウスの形をした小型の三輪車がタクシーとして
たくさん走っていました。

また、かつてのオート三輪車や、バイクにリヤカーをつないで走っていたり
オートバイの二人乗りはざらで、中には三人乗って走っているオートバイもいました。

なんというか、懐かしい乗り物が往来を走っているのが、
私にはとても心地よかったです。



妻の甥の結婚式、すごかったですよ。

甥は5階建てのマンションに両親と一緒に暮らしています。
私は、娘と彼らの部屋にお邪魔をしました。

部屋には先に来ていた妻をはじめ大勢の人がいて、
なにやら忙しく動いていました。

外では、大勢の親戚が集まって新郎・新婦の到着を待っていました。

路地には花火と爆竹が用意されていました。


やがて、新郎・新婦を乗せた黒の高級車の一群がやってきました。
車の台数が半端じゃないのです。
高級車が、ずら〜っと並んでやってきたのです。

マンションの入り口あたりまで来ると、
爆竹と花火に火が入れられて、
耳をつんざくようなババ、ババ、ババっと激しい音がなったり
ビューン、ビューンと花火が上がったり、それはそれはにぎやかでした。


新郎・新婦は、新郎の住まいへ上がっていきました。



披露宴の様子は、明日とします。




読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ









タグ:三輪車

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。