2010.11.10

賑わう朝市に驚愕



いま午前5時40分

最近、遅い時間に床についても
なぜか翌朝5時前に目が覚めてしまう。

夕べは、10時過ぎの帰りになってしまい、
疲れてすぐに床に入ってしまいました。



さて、中国に行ったときのことをまた少し書いてみようと思います。

今回は、義父や義母、そして日本に住んでいる妻の弟家族に
大変お世話になってきました。

私たちが過ごしたマンションの目の前は、高層のマンションが建設中でした。

朝の5時頃になると、外から仕事が動き出した音が聞こえてきました。
60をとうに超えた義父は、もう仕事に出かけていました。

そして、義母は朝市に出かけていました。

私は、朝市いってどんなものなのか行って見たいと思い、
ある朝、妻に連れられて行ってきました。

朝市が開かれている場所は、お父さんのマンションから
歩いて10分程のところでした。

朝市の賑わいにビックリしました。

人がすれ違うのも大変なほど売り手、
買い求めるお客さんとでごった返していました。

さまざまな果物や野菜、洗面器いっぱいの水の中に黒く小さい固まりがウヨウヨ動いていて
なんだろうと思って近づいて見ると、ドジョウでしょうか川魚でした。
中には、大きな鯉が泳いでいるものもありました。
また、豚肉でしょうか、量り売りもされていました。

それから、豆腐。
この豆腐の大きさが半端じゃないのです。

他には小麦粉を使った焼き物をその場で焼き上げていたり、
油菓子でしょうか、これもその場で揚げて売っているといった具合なのです。

日本でいったら何でしょうね、
祭りのときの軒を連ねる露店といったらいいでしょうか、
とにかくすごい活気でした。

これが、毎朝開かれているのだそうです。

ただ、時間は7時までです。
7時になると、係官(どういう立場の方かはわかりませんが)が終わりを告げていました。


私の町には、5日ごとに開かれる朝市があります。
30年前私が仕事でまわっていた頃、この朝市はとても賑わっていました。

でも、いまはちょっと淋しい感じです。


妻の里の朝市を見て、
かつての我が町の朝市が思い起こされました。


今回は、この辺で。



読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ









タグ:朝市

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。