2010.11.15

妻から託された願い事



今回の中国での最終日は、ハルピンで妻とともにホテルに泊まりました。


およそ6年ぶりのハルピンの街の様子は、とても変わっていました。

車がとても多くなっていました。
しかも高級車が目立ったことです。
6年前は、中古車がとても多かったのです。
それも、本当によくこんな車が走っているなと思うような車でした。

方正県を朝6時頃出かけてハルピンの街に入ってから、
すごい渋滞でした。
とにかくすごい交通量でした。

道路も片側4車線から5車線という広さで、その激しい車の往来の道を歩行者が
信号機のないところを横断しているのにはびっくりしました。

私には、とても怖くて横断できそうには思えませんでした。


また、街にはたくさんの高層ビルが建っていました。
建設中の建物もとても多かったです。

経済発展していることが、
見た目にわかる感じでした。


前回の訪問からの6年の間に、
大変な変化が起きていたことを改めて知ることになりました。


ハルピンは、大都会でした。


夜になって妻とホテル近くの食堂で夕食をとりました。
妻と二人になるのは、とても久しぶりのことでした。

それから少し街を歩きました。


ベッドに入ってから、妻が涙を浮かべながら私にいうのです。

「もし、私に何かあったら、娘のことをよろしくお願いします。
私にとって大事な娘だから」と。




翌朝、空港で私の姿が見えなくなるまで
見送ってくれました。


切ない別れでした。





読んでいただいて、ありがとうございます。
ポッチといていただけると、励みになります。
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ


この記事へのコメント
 つぶやきさんお久しぶりです。ブログ再開、おめでとうございます。
 色々な事があったんですね・・・。方正県訪問から、奥様と娘さんの里帰りと・・・。一人になって見ると、家族のありがたさがつくづく実感してしまいますね。
 盛岡では、方正県はじめ中国から嫁いでいる奥様方が沢山いらっしゃいますので、お互いの繋がりを密にするように努めておりますが、それでも時々、孤独を感じることがあるようです。
 当店にも、時々、中国の奥様方から電話があったり奥様方が来店されて、中国語を思う存分話し、気分転換されて帰られます。
 妻も、そんな環境が気分転換になっているようです。
 つぶやきさんと奥様と娘さんが、一日も早く一緒にお暮らしできることを祈っております。
 つぶやきさん、いつでも構いませんので、遠慮なくご連絡ください。
 お待ちしております。
 最後に、無理しないでくださいね。
 
 
Posted by harupinn at 2010.11.16 05:48
harupinnさん、こちらこそご無沙汰をしております。
そしてまた、その節は大変お世話になりました。

実は、先月二戸に出張しての帰り、暗くなっていたせいもあるのですが
盛岡に入ってからまもなく道を間違えてしまいました。
ただ、こちらの方角に進めば盛岡駅に行けるのではないかという感覚だけで
知らない道を走っているうちに、harupinnさんの近くに出たんですよ。

でも、先を急いでいたのでお寄りしませんでした。

実に不思議に思いました。


Posted by つぶやき at 2010.11.16 19:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。