2011.06.21

津波直後



6月21日(火)

津波直後停電、水道は止まる、固定電話も携帯電話もつながらない状態。
私たちにとっての、どこでどれだけの被災状況なのかの情報源はラジオだけでした。

家では普段使っていない電池式のラジオを妻が見つけてきて、
それから情報を得ていました。


津波があったとき、妻が無事かどうかを知りたくて携帯電話をかけようとしても
まったくつながりませんでした。

携帯電話としての役割をもっとも果たして欲しいときに、
使えないことにとてもいらだちました。

連絡さえつければ無事であることがわかるのに、
連絡がつかないために不安や心配がとても大きくなりました。


電気がないため、夜は暗闇です。
誕生ケーキについてくるわずかなローソクで
細々としたあかりのなかで食事を取ったものです。


私のところでは、災害時の備えをまったくしていませんでした。

電灯はあっても電池がなくて使えなかったり、
ローソクもありませんでした。


夜は、早めに寝るようにしていました。
余震が頻繁に遭ったため、いつでも起きだせるように服は着たままで寝ていました。


私はベッドに寝ていたのですが、
妻は怖がって茶の間に床を敷いて別々に寝ていました。

しかし、そのうち私も茶の間に一緒に寝るようにしました。
(一緒に寝るようにして3日目の夜、妻は中国へと旅たってしまいました)


水は、車で数分のところにある沢水を汲んできて使っていました。
食べた後の食器を洗うときに、
限られた水を無駄にしないようにと神経を使いました。

洗濯は、沢水の近くの小川でしていました。


いま思うと、よく過ごしたなと思います。
それもこれも妻と一緒だったから過ごせたんだと思います。


妻が帰って一人になってからは、
とても心細く、淋しかったです。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ









タグ:津波

この記事へのコメント
つぶやきさん、すみません。
現在、奥様が中国を離れられない理由について、
今後の参考までにお教え願えますでしょうか?
ご家族のどなたかがご病気とかですか?
それ以外に国際結婚において離れて暮らさねばならない
事情というのが解らないもので。

もし、差し支えなければお願いします。
また、過去に書いておられたら申し訳ありませんです。
Posted by mimi at 2011.06.21 23:01
mimiさん

妻が帰れないというのは、
まったく個人的な事情によるものです。
国際結婚とは関係ありません。

なので、大変申し訳ありませんが
その事情についてはお話できません。

お許しください。

Posted by つぶやき at 2011.06.22 06:59
了解しました。
オトナの事情ということで(笑)

うちの彼もまだ一緒に暮らす前でしたけど、
仕事の都合で半年くらいインドへ行って
いました。
Posted by mimi at 2011.06.22 18:57
mimiさんへ

ご理解いただいてありがとうございます。
Posted by つぶやき at 2011.06.22 22:27
2008.07.18の記事ですが、『私の知人で、中国人と結婚した人がいました。3年が過ぎたときに、永住許可の申請を行い許可がでました。、奥さんは、一時的に中国に帰ったそうです。 4ヶ月経って、奥さんが帰ってくるなり、離婚して欲しいと突然申し出られてしまった。 彼は、納得のいかないままに離婚することにしました。』
 今の私と同様です。結婚丸5年がたち、永住は1年位前に取りました。原発後の3月に帰国し、後10日で4ヶ月です。一昨日のメールで、『戻ったら離婚し、中国の父母と暮らしたい」と言ってきました。戻るのを楽しみに待っていたのですが、この5年間を走馬灯のように思い出し胸が一杯です。
Posted by umi at 2011.07.06 09:23
ブログの早い再開待っています。
Posted by umi at 2011.11.07 07:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211133340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。