2012.10.30

ハルピンの空港に着くまで

私は、中国に行くのが3回目なのですが
一人で行くというのは初めてだったので不安でした。

早めにチケットを手配しようと思い、パスポートを見たら
有効期限が今年の9月2日になっていたのです。
自分では、来年まであると思い込んでいたので、
あわてて市役所に行って更新手続きをしました。
新しいパスポートが手元に届くには、最短でも一週間はかかるとのことでした。

パスポートが届いたのが、出発日の20日くらい前でした。
届いたばかりのパスポートを持って、
近くの旅行会社に行き飛行機のチケットの手配をお願いしました。

新潟空港、ハルピン往復で、総額49,880円。
新潟空港で同じ飛行機でハルピンに行くという日本人の方とお話ししたのですが、
その方は往復70,000円だったそうです。
チケットを取ったのが、出発日直前だったとのこと。

飛行機のチケットは、できるだけ早めに手配することで安く手にできると知りました。


ところで、新潟空港までは、大船渡から仙台まで高速バスで。
仙台からは、夜中の11時40分発の新潟行きの高速バスで車中泊。
早朝の新潟駅からリムジンバスで新潟空港へとバスを乗り継いで行きました。

空港で緊張したのは、搭乗手続きで荷物検査のときでした。
妻からあれ欲しい、これ欲しいといわれて買い込んでスーツケースに
詰め込んだはいいものの、スムーズに検査を通れるかどうかドキドキしました。

別に悪いものを入れているわけではないのですが、
緊張した瞬間でした。


今回新潟空からハルピンに向かう飛行機でこれまでと違ったことは、
機内で日本語のアナウンスがあったことです。
過去2回ではなかった経験です。
帰りの飛行機では、日本語のアナウンスはありませんでした。

それと、ハルピンの空港に着くと飛行機から空港の建物まで
バスに乗り換えたことも初めての経験でした。
空港内に入ってからの入国手続きが以前よりスムーズになったように思いました。
スーツケースを受け取るところでは、麻薬捜査犬が一つ一つのスーツケースを嗅ぐんです。
ここでも変に緊張しました。

スーツケースを取って国際線出口を出ると、
すぐ、妻が目に入ってきました。


約一年ぶりの再会でした。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。