2011.06.21

津波直後



6月21日(火)

津波直後停電、水道は止まる、固定電話も携帯電話もつながらない状態。
私たちにとっての、どこでどれだけの被災状況なのかの情報源はラジオだけでした。

家では普段使っていない電池式のラジオを妻が見つけてきて、
それから情報を得ていました。


津波があったとき、妻が無事かどうかを知りたくて携帯電話をかけようとしても
まったくつながりませんでした。

携帯電話としての役割をもっとも果たして欲しいときに、
使えないことにとてもいらだちました。

連絡さえつければ無事であることがわかるのに、
連絡がつかないために不安や心配がとても大きくなりました。


電気がないため、夜は暗闇です。
誕生ケーキについてくるわずかなローソクで
細々としたあかりのなかで食事を取ったものです。


私のところでは、災害時の備えをまったくしていませんでした。

電灯はあっても電池がなくて使えなかったり、
ローソクもありませんでした。


夜は、早めに寝るようにしていました。
余震が頻繁に遭ったため、いつでも起きだせるように服は着たままで寝ていました。


私はベッドに寝ていたのですが、
妻は怖がって茶の間に床を敷いて別々に寝ていました。

しかし、そのうち私も茶の間に一緒に寝るようにしました。
(一緒に寝るようにして3日目の夜、妻は中国へと旅たってしまいました)


水は、車で数分のところにある沢水を汲んできて使っていました。
食べた後の食器を洗うときに、
限られた水を無駄にしないようにと神経を使いました。

洗濯は、沢水の近くの小川でしていました。


いま思うと、よく過ごしたなと思います。
それもこれも妻と一緒だったから過ごせたんだと思います。


妻が帰って一人になってからは、
とても心細く、淋しかったです。



最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様が幸せでありますように。
人気ブログランキングへ









タグ:津波
2011.06.20

父の日の贈り物



6月20日(月)

きのは、『父の日』でしてね。


娘は、昼過ぎから頭が痛いと横になっていました。
風邪でもひいたのでしょうか。

夕方、私が「夕飯を作ろうか」といったら、
娘が「私、作る」といって作ってくれたのです。

それも少し手の込んだものを作ってくれました。

私は、それを美味しくいただきました。



妻に伝言しなければならないことがあって、
夜10時頃にパソコンで話をしました。

そのときに妻と娘が話していたのですが、
私には何を話しているのかさっぱりわかりませんでした。

二人の話が一息ついたときに、
妻に「二人何話す?」と聞きました。

妻がいうには、
娘が「今日は父の日。でもお金ないから何もプレゼントできない。
だから、冷蔵庫あるもので食事を作った」と。


私は、娘の心にとても嬉しくなりました。



そして今日、今度は息子から
「父の日」に一日遅れになったけれどもといって
「体脂肪計付き血圧計」が贈られててきました。


私は、本当に幸せ者です。


また息子は、妹(娘)にとボイスレコーダーを贈ってくれました。


血のつながりのない兄妹ですが、
お互いを大事に思い合ってくれる事がとても嬉しいです。




最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。
あなた様も幸せでありますように。
人気ブログランキングへ









タグ:父の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。